モニタリングソリューション

お客様の用途・課題に応じて柔軟に対応いたします。
計測システムのご提案、カスタマイズ対応だけでなく計測ノウハウの共有も可能です!

製造現場の遠隔監視

外部から現場にある計測機器にリモート接続することで、どこにいても現場のリアルタイム監視が可能に

スマート金型による金型寿命改善

き裂発生による弾性変形モードの変化および衝撃負荷を検出。き裂進展具合を可視化して金型の寿命を管理

切削工具の異常予知、検知

異常挙動を検知し、工具の寿命評価、破損の予兆検知、工具交換タイミングを最適化!

プレス設備の予知保全

プレスの運転条件に対する負荷状況をモニタリングし、運転条件を最適化

プレス工程の不良品検知

成形中の荷重をモニタリングし、不良品が発生したら信号を送出

機械学習を活用した現場監視

機械学習を活用した製品不具合・設備異常の原因分析。各種アナログセンサーを活用し、様々な観点から異常を特定

活用事例

広分野

様々な分野で活用
・冷間鍛造
・熱間鍛造
・各種切削工程
・ロールフォーミング
・横型多段式鍛造機械 など

多業界

幅広い業界で活用
・自動車メーカー
・自動車部品メーカー
・家電メーカー
・鉄鋼メーカー
・ゴムメーカー など

多用途

研究から量産まで
・研究所での活用
・設計でのデータ習得
・試作での評価
・量産での常時監視 など

グローバル

世界中で実績あり
・ドイツ
・シンガポール
・タイ
・韓国 など

活用事例を詳しく見る

製品・サービス

センサー

お客様の課題を解決に導く、様々なセンサーを取り扱っています。

システム

専用の携速システムから、データロガーに接続できる簡単なユニットまで複数保有しています。

サービス

出張計測、レンタルなどお客様の用途に応じたサービスをご用意しています。

よくあるご質問

Q.何を測るセンサーですか?

A. ボルトにかかる軸力の変化を測定する荷重センサーです。
既設のボルトと置き換えることで、ボルト締結場所における負荷状況の変化を評価できます。高い応答性を持ち、荷重の変動のみではなく、振動の計測にも対応できます。

Q.どのようなサイズのボルトに対応していますか?

A. M6, M8, M10, M12, M16, M20の六角穴付きボルトに対応しています。詳細は仕様表からご確認ください。

Q. PiezoBoltの耐熱温度はいくらでしょうか?

A. M12サイズ以下は180℃、その他は70℃です。

Q. PiezoBoltの出力結果から何が分かりますか?

A. 計測対象の状態の変化に伴う荷重変位が確認できます。その結果から、
①正常な状態との差を検知することで不良発生や工具破損などの異常を検知したり、
②工程状態を定量的に数値化することで最適な工程条件を探したり、
③危険な状態の予兆を早期に検知することで設備保全環境を改善することができます。

Q.どのような企業で導入されていますか?

A.自動車や電機・電子関連の分野で、板成形、板金、鍛造、射出、鋳造、切削などの製造工程を用いて部品量産を行っている企業様を中心に導入が進んでいます。

よくあるご質問一覧へ

お問い合わせ
Top