DEFORMの機能

DEFORMでできることは多岐にわたります。単に加工現象をシミュレーションするのではなく、
工程設計や金型設計・開発におけるコスト・工数の削減をはじめ、生産性の向上、ノウハウの蓄積など設計プロセスにおけるさまざまな課題を解決します。
それらを可能にするDEFORMの機能をご紹介します。

機能

feature

次世代
ポストプリプロセッサ

次世代ポストプリプロセッサ

複数工程はもちろん、成形/熱処理/切削など、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応できます。

2D Forming

2D成形

2D/3D Convert

3Dモデルへ展開

HEAT TRANSFER

3D放熱

3D forming

3D成形

2D、3D間の連携機能

2Dモデルから3Dモデルへの変換も簡単にできます。
2Dと3Dの結果の比較が容易になり、分析の幅が広がります。

 

次世代
ポストプロセッサ

フローネット機能

任意のネット(格子・縦線・横線・円など)を指定し、
その形状がどのように変化するかを確認することができます。

【3D】

【2D】

スライス機能

任意の平面でスライスすることができます。
スライスした断面の状態変数(ひずみ、応力など)を確認できます。

自動レポート作成機能

あらかじめ設定した雛形に沿って、報告書を自動的に作成できます。
PDF形式、PPT形式に対応しており、書類作成を効率化します。

ソルバー

大規模解析(100万要素以上)に対応したソルバーを搭載しています。
目的に応じて最適な解析手法を選択可能です。

メッシュ機能

ユーザー直接定義によるメッシュサイズの調整が可能です。
安定性が高く、強力なメッシュを生成できる能力があり、複雑な形状の解析にも適応します。必要な部分のみメッシュを再構成するリメッシュ機能も搭載しています。

解析機能

ミクロ組織予測

古典的なJMAKモデルから最新のCA(Cellular Automata)まで対応しています。
事例:コギング工程でのミクロ組織予測事変

ALE解析機能

ALE解析技法の適用によって計算効率を向上させます。
回転、押出、切削の解析に適用可能で、それぞれの工程の特性に合わせた解析技法を適用します。

【リングローリング工程】

バッチキュー

計算予約機能です。ひとつの解析が終わると自動的に予約した次の解析を実行します。

実験計画法

DOE(Design Of Experiments:実験計画法)は、
設計パラメーターの上限・下限を指定するだけで、自動的にパラメーターのサンプリングから
複数解析実行、結果の分析まで行います。各パラメーターの出力結果への影響度合いを分析することができます。

ユーザビリティ

uSER INTERFACE

操作性に優れたGUI

アイコンや画像で各ボタンの機能を直感的に理解できるインターフェイスのため、
初めての方でも簡単に操作できます。

Multiple Operation
インターフェイスによりGUIを統一

ツリーによる
設定手順管理

対話方式での
順次設定(入力ミス軽減)

計算速度

RSE (Rigid Super Element) 法

変形部位以外は剛体として扱うことで、モデルサイズの大幅縮小が可能です。
通常計算方法:約1ヶ月⇒RSE適用:1日以内で計算可能

並列計算

計算実行時に複数のプロセッサー(Core)を使用し、計算効率を向上させます。

材料データ

材料データライブラリ

スチール、アルミニウム、ステンレス、銅など、冷間用は約150鋼種、温熱間用は約300鋼種と幅広いデータを取り揃えています。 また、ヤマナカゴーキン独自の材料ライブラリもご提供します。

新規ライブラリの作成

ユーザー任意のライブラリを作成できますので、保有されているデータの取り込みが可能です。
・実験データ、テーブル入力
・入力データのライブラリ化
・各種変形抵抗近似式入力

材料データ受託試験

お客様のご要望に応じて、材料データ取得のお手伝いをします。詳細については、お問い合わせください。

フローティングライセンス

ライセンスを1台のサーバーで管理し、同一ネットワーク上にあるどのPCでもライセンスを共有して使用することができる方式です。ライセンスを複数のユーザーで効率的に利用できます。

多彩なテンプレート

より簡単に解析設定を可能にするテンプレートをご用意しています。
鍛造、切削、圧延、押出などさまざまなテンプレートを取り揃えています。

 
Top